この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

子供と?両親と?

周りを気にせず、子連れでわいわい

小さなお子さんとの宿泊を考えるとき、なるべく周りに迷惑をかけたくない、けれども楽しそうな子どもたちに無理強いはしたくない…!そんなジレンマを抱える人に向けた旅館選びのポイントです。
まず1つ目は貸切温泉や客室風呂がついていること。共用の大浴場や温泉では、さまざまなマナーを守る必要があります。ただでさえ、無防備な格好になっているのですから、ある一定の年齢までは我慢したほうが懸命。その点、個室や貸切になっていれば、ゆっくりすることができます。
そして2つ目が部屋食や個室食ができること。お風呂だけでなく、食事もなるべくなら個室で楽しみたいですよね。
このように、近年は子連れ客向けのサービスを強化している旅館も多く、離乳食等の持ち込みやベビーグッズの貸出をしている施設もあります。ぜひ探してみてはいかがでしょうか。

両親とゆっくり過ごす

旅館やホテルには趣向を凝らしたものも多く存在します。こだわり派の両親と行くならこういった切り口で選んでみてはいかがでしょうか?ヒントをいくつかご紹介します。
その1:異文化体験
日本にいながら異文化を体験できる旅館やホテルが続々オープンしています。外観や内観もその国そのもののホテルや、タイムスリップをしたかのような感覚に陥る旅館、はたまた近未来を思わせるサービスを提供してくれる施設など。どんな経験ができるかは、実際に宿泊して確かめてみてください。
その2:趣味
ご両親の趣味に合わせて宿泊し、一緒に楽しんだり、手ほどきを受けても素敵ですね。本に囲まれている、部屋から釣りができる、一日中音楽に触れられる…。観光も宿泊も欲張りに楽しみましょう。